建設業関係

建設業許可申請

建設業を営もうとする方は、「許可を受けなくてもできる工事」のみを請け負う場合を除き、29の業種ごとに建設業の許可を受けなければなりません。
建設業は一般的に大きな金額が動く業界であるため、工事を請け負うものに対し、きちんと工事を行うことができるかどうか担保する必要が求められています。
それを担保してくれるのが建設業許可です。

前述した「許可を受けなくてもできる工事」

「許可を受けなくてもできる工事」

・1件の請負代金が500万円未満の工事(建築一式工事であれば1500万円未満の工事)

・建築一式工事のうち延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事